【辿り着いた先 そこにあるのは やっぱり戦場だけだ】思い出の名セリフ(ベルセルク)

手帳に貼ったセリフたち
同じくベルセルク⑯から
これ1999年頃では?2年下の後輩と話したことを思い出した。
 
【逃げ出した先に 楽園なんてありゃしねえのさ】
ベルセルク 逃げ出した先に.JPG
【辿り着いた先 そこにあるのは やっぱり戦場だけだ】

ベルセルク 辿り着いた先そこにあるのは.jpg

こんなこと昔からずっと考えてたけどね。
今でもそうだけど。
10代とか20代とかってDon't look back.な感じじゃない?
振り返らないことが強さでもあるかのように。(強さだけどね)
 
 
逃げ出すことと、進路を変更することは
同義ではないし、自分が参ってしまうくらいなら
 
 
立ち止まり、振り返る「勇気」も必要だと。
「時には立ち止まる勇気を持て、自分の足元を見つめ直せ」
(from Bridge to the sun byTHE ALFEE)
それも「強さ」なんだと思う。
「逃げちゃダメだ」(byシンジ君)としがみつき、
己を殺すことがそんなに強さだとも高潔だとも思わない。
 
ちょっと話がそれるけど、
今ならだけど、小学生とか中学生が学校行きたくないって
いい出したら・・・
「行かないことにより【失う機会】を後から文句言わないなら、
別にいいんじゃね?」って本気で思う。
登校拒否な子って朝になると頭が痛いとかお腹痛いとか具合悪くなるけど
いまそういうの「起立性調節障害」ってまた新しい病名ができたね。
昔はそれを【仮病】って言われたり【気のせい】だと言われたね。
決してそうじゃないけどメンタルの影響は間違いないね。
  
  
ただ、その心の問題をお医者とお薬が解決できるとは
冷静に考えてたらあり得ないね。
心の問題を中枢神経に効く(?)薬でどうしようってんだ?
まぁ幸か不幸か子供は居ないけどね。
 
 
話を元に戻すけど
それは大人になっても同じ。
逃げちゃだめだとか、
諦めたらそこで試合終了だよ(by安西先生)は
名セリフだけどね、若い子にはとてもいい言葉。

大人になったらね、
ネバーギブアップに逃げ込んで
エンドレスな事は・・・なんだかね。
ちょっと違う気もするけど、
やりもしない夢語ってもね。
  
 
結局こういうセリフが大好きで、
いまでもそんなマインドなんだよね。
そこは少し少年のような感じがする。・・・加齢臭とともに。
 
あ、今日カレーをテイクアウトした。
ライスもナンも断って。糖質オフしてる。
糖質オフについてはまたいずれ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445067043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック